フラダンスとフラメンコ、踊るときの音源について考える

フラとハワイ語
スポンサーリンク

ALOHA 🌺 Ukulele Labo の SUMI です。

ミュージカルやオペラなどの大きなステージでない限り、ジャズダンスやヒップホップなどの現代舞踊の練習・ステージでは、CD等の出来上がった音源を用いることがほとんどです。

さて、ハワイの舞踊であるフラダンスを習い、スペインの舞踊であるフラメンコを体験してみて、似てるけど違うな、と思うところがあったので、ここで整理してみることにしました。

フラダンスを踊る時の音源

ハワイでは

  • ステージでは生演奏が多い
  • 練習時も先生による生演奏が多い

日本では

  • ステージ、練習時共に、CDなどによる完成された音源を使うことが多い
  • コンペティション(競技会)の時は、生演奏のことも
  • 先生による生演奏で練習するところも稀にある

元々、フラダンスは生の演奏に合わせて踊るものであるため、現地ハワイでは生演奏が主流だが、日本ではそこまで定着していない。

フラメンコを踊る時の音源

スペインでは

  • ステージでは生演奏が多い
  • 練習時は昔カセットテープだった(友人談)

日本では

  • ステージでは生演奏が多い
  • 普段の練習時は既成の音源を使う
  • 月1回はギターラ(ギター弾き歌いの人)が来て、生演奏で練習するところが多い

フラメンコも元来、生演奏で踊るものであるため、ステージでは生演奏だが、練習時は現地でも既成の音源を使う所もある。日本での月1生演奏練習が特徴的である。

まとめ〜フラダンスの音源について考える〜

フラダンス・フラメンコどちらも、元々は生演奏で踊るものですが、場所や時代に応じて、広まりやすいように、また継続しやすいようにと、工夫しながら踊られているように感じました。

日本でのフラメンコの練習時に「月に1回だけ生演奏で練習する」というのが新鮮で、これはフラダンスの練習にも取り入れて良いのではないか、と考えます。

以上、『フラダンスとフラメンコ、踊るときの音源について考える』でした。

MAHALO 🌴 A Hui Hou

SUMI  Ukulele  Laboでは、
ウクレレ用の楽譜を販売しています

曲目一覧をみてみる

あなたの弾きたい♪歌いたい曲があるかも

この記事を書いた人
SUMI

Hawaiian Music & Craft をこよなく愛する Ukulele & Vocal です。
ウクレレやハワイにまつわるあれこれ、皆さんと楽しくシェアしていきたいと思います。
以下のフォローもお気軽に♪

SUMIをフォローする
フラとハワイ語
スポンサーリンク
SUMI Ukulele Labo

コメント

タイトルとURLをコピーしました