>>今なら3か月無料でハワイアンも聴き放題!Amazon Music Unlimtedはこちら

『アロハオエ/Aloha ʻOe』ウクレレコードを弾いて歌おう

ウクレレ楽譜
スポンサーリンク

ALOHA 🌺 レレラボのSUMIです。

多くの日本人が知っているハワイアンナンバーのひとつに、「アロハオエ」があると思います。

ハワイ王朝最後の女王、リリウオカラニが作ったお別れの歌で、ライブで演奏されるときは、最後に演奏される曲です。

美しくしっとりとしたメロディで、ウクレレでも基本の3コードで弾いて歌うことのできる、ハワイアンソングの名曲です。

ウクレレ教室の体験レッスンでは、この曲をやるところもあるそうです。

皆さんもこの記事を見ながら、一緒に「アロハオエ」をウクレレで弾きながら歌ってみましょう。

アロハオエで使うコードは3つだけ

「アロハオエ」で使うコードは、主要三和音であるC、F、G7の3つだけです。

これらのコードを、コードの押さえ方を表した図であるコードダイアグラムで表すと、次のようになります。

コードダイアグラムの見方としては、●のところを左手の指先で押さえたまま、右手で弦弾くと、C・F・G7などのコード(和音)が鳴るということを表しています。

ウクレレを構えて上からのぞき込むと、それぞれ写真のような押さえ方になります。

基本の押さえ方になりますので、写真のように左手で押さえて、右手で弦を鳴らしてみてください。

アロハオエを歌いながら弾いてみよう

それでは、アロハオエの歌詞とコードをご紹介します。

CC
(前奏)ハア
CFCC
ヘオ エカウア イナリ ケ
G7G7G7G7
ニヒ アエライカナレ エウ
CFCC
ハイ アナパハ イカコ プア
FG7CC
アヒヒ レフア オカ  ア
FFCC
ロ ハオエ  アロ ハオエ エケ
G7G7CC
オナオナノホイカポ  ワン
FFCC
ファンデンブレイスアホイアエアウ アン
G7G7CC
ティル ウィミート アゲイン
アロハオエ

1マスは4拍なので、1つのコードを4回ずつ弾いていきます。

例えばサビのところは、
ア・ロ・~・ハ・~・オエ・〜・~ 
ア・ロ・~・ハ・~・オエ・〜・~ と歌いながら、

C・F・F・F・F・F・F・F
F・C・C・C・C・C・C・C と弾くことになります。

よろしければ、私が演奏したYouTube動画も参考にしてください。

少しずつでも良いので、ウクレレを弾きながら同時に歌って、練習してみましょう。

アロハオエのウクレレコード譜あります

ここでご紹介したアロハオエのコードは3種類でしたが、もう一つ加えて4つのコードで記載したウクレレコード譜は、楽譜ストアPiascoremucomeの方でご用意しています。

また楽譜ストアの譜面の方では、歌詞をハワイ語(アルファベット)表記で記載しています。

コードが一つ増えますが、初心者の方でも見て弾いて、歌えるようになると思います。

ハワイ語は、ほぼローマ字読みで読んで歌うことが出来るので、動画を参考にして、是非チャレンジしてみてください。

MAHALO 🌴 A Hui Hou

SUMI  Ukulele  Laboでは、
ウクレレ用の楽譜を販売しています

曲目一覧をみてみる

あなたの弾きたい♪歌いたい曲があるかも

タイトルとURLをコピーしました