>>今なら3か月無料でハワイアンも聴き放題!Amazon Music Unlimtedはこちら

ハワイアンウクレレの弾き方

ハワイアンウクレレの弾き方 ハワイアンウクレレの弾き方

ウクレレを用意してチューニングを済ませたら、早速ウクレレを鳴らしてみましょう。

ウクレレの構え方や鳴らし方

ウクレレは自由な楽器なので、構え方も自由で良いのですが、それでは困る方のために、次の記事をご用意しました。

ウクレレの構え方の、一つの参考にしてみてください。

また右手で弾く時の位置や振り方は、次の記事を参考に試してみてください。

簡単なコードから弾いてみよう

ウクレレの構え方や鳴らし方が分かったら、今度は左手でコードフォームを押さえて、右手でその和音を弾いてみましょう。

フラソングでは、前奏や間奏・後奏のことをバンプと呼び、コード進行(コードの流れ)が決まっています。

また一般的に、バンプの長さも決まっています。

バンプ以外の歌の部分のコードは、コード譜を見て練習していきます。

最初のうちはウクレレを弾くだけで精一杯かもしれませんが、早い段階からメロディだけでも良いので、歌いながらウクレレを弾く習慣をつけるようにしましょう。

いろいろなリズムで弾いてみよう

1,2,3,4と一拍ずつ弾けるようになったら、次はハワイアンらしいリズムで弾く練習もしてみましょう。

以下はハワイアンウクレレの弾き方に関する記事一覧です。

 

スポンサーリンク
ハワイアンウクレレの弾き方

【ウクレレでハワイアン】独学で弾いて歌えるようになる本おすすめ3選

ハワイアンウクレレを独学で弾けるようになる本として、『ウクレレで「ハワイアンの弾き語り」ができるようになる本』『いつでもどこでも ウクレレ弾こうよ 気軽に楽しく始めよう!』『』の3冊をご紹介します。
ハワイアンウクレレの弾き方

【ウクレレの弾き方】フラソングのリズムは大きく分けて3種類

フラソングには色々なリズムがあるようにみえるかもしれませんが、主なリズムを3種類にまとめました。
ハワイアンウクレレの弾き方

【音楽の三要素】ウクレレなどの楽器では、リズムが一番大事だと思う

音楽の三要素メロディー•ハーモニー•リズムの中で、ウクレレ演奏ではリズムに一番注意を払うと良いと思います。
ハワイアンウクレレの弾き方

【ウクレレ弾く位置】付け根でジャカジャカ、穴でポロポロ

弾く位置が変わると音色も変わること、「コードはネック上、単音はサウンドホール上」についてのお話です。
ハワイアンウクレレの弾き方

【ウクレレ構え方】テニスラケットを引き寄せればいい

ウクレレの構え方の中で、私が一番しっくり来た「テニスラケットを引き寄せる」イメージをご紹介します。
ハワイアンウクレレの弾き方

【ウクレレ弾き語り】ドラマー気分でビートを刻もう

基本の拍子をつかんだら、曲からビートを聞き取って、ウクレレ弾き語りを楽しもう!というお話です。
ハワイアンウクレレの弾き方

【ウクレレ•ストラミング】扇子であおぐと上手く弾ける!?

ウクレレ友達に右手の使い方を聞かれた時のために、ストラミングのイメージ表現をいくつかご紹介します。
ハワイアンウクレレの弾き方

【ハワイアンソングあるあるコード】5度サークルを使った4度進行

バンプをはじめ、ハワイアンソングの歌の中でもよく出てくる、4度進行というコードの進行について、5度サークル(五度圏)という円を使って分かりやすく見ていきます。
ハワイアンウクレレの弾き方

ハワイアン・フラソングで覚えるべき4つのコードはコレだ!

フラソングでまず覚えるべき 4つのコードについて、説明しています。
ハワイアンウクレレの弾き方

先取りで行こう!〜ウクレレでフラミュージックらしい「ノリ」を出すためには〜

フラミュージックでハワイらしい「ノリ」を出すための演奏のコツを紹介しています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました