ハワイアン・フラソングで覚えるべき4つのコードはコレだ!

コードやキーの話
スポンサーリンク

ALOHA 🌺 Ukulele Labo の SUMI です。

「コードっていくつあるの?」「どのコードを覚えればいいの?」と、ウクレレを習い始めた方からよく質問されます。

『コードって沢山あるみたいだけど、何から覚えようとしたら良いのか分からない』

そんな方のために、ハワイアン・フラソングで覚えるべき4つのコードについて、お話ししたいと思います。

3コードは基本のキ

例えばキーC(ハ長調)の3コードは、『C、F、G7』というように、

1つの音階には3つの主要なコードがあり、これを3コード(主要3和音)と言います。

ハワイアンに限らず、あらゆるジャンルの曲の、『基本のキ』とも言える3つのコードとなります。

3コードを数字コードで表すと、『Ⅰ、Ⅱ、Ⅴ7』となります。

数字コードについての説明は、次の記事をご参照ください。

ハワイアン・フラソングでは3コード+II7

さて、主要な3つの和音である3コードに加えて、フラソングでは、数字コードで表す所の『Ⅱ7』が良く出てくるコードとなります。

キーC(ハ長調)の場合、D7です。

『キーCのバンプって、D7→G7→Cだよね。』という風に、バンプに必ずと言って良いほど登場します。

ちなみにバンプについては、次の記事でお話ししています。

バンプを制する者は、フラソングを制する

このように、ハワイアン・フラソングによく出てくる4つのコードを覚えると、バンプを弾けるようになり、バンプを覚えると、フラソングの半分は弾けたことになる、と言っても良いでしょう。

まずは、できればキーCで、知っているフラソングを弾いて、歌ってみてください。

歌の中には、この4つのコード以外のコードが出てくるかもしれませんが、それはまた少しずつ、ゆるりと覚えて行きましょう。

以上、『ハワイアン・フラソングで覚えるべき4つのコードはコレだ!』でした。

MAHALO 🌴 A Hui Hou

SUMI  Ukulele  Laboでは、
ウクレレ用の楽譜を販売しています

曲目一覧をみてみる

あなたの弾きたい♪歌いたい曲があるかも

コメント

タイトルとURLをコピーしました