\ 7/13まで4か月無料でハワイアンも聴き放題!/Amazon Music Unlimited⋙

【ウクレレチューナー】おすすめのクリップチューナーとチューニング方法を解説

ウクレレとその仲間たち
スポンサーリンク

ウクレレを弾き始めるときにチューニングが必要だって聞いたんだけ、どうやってやればよいのかしら?

ALOHA 🌺 レレラボのSUMIです。

ウクレレ歴十数年の元フラガール、現在はハワイアンウクレレ教室を運営しています。

ウクレレを練習するときには、まずチューニングをするのですが、「それってなんぞや?」という方もいらっしゃるかもしれません。

ひとことでチューニングと言っても、

  • チューニングってなに?
  • どんなチューナーがおすすめ?
  • チューニングのやり方は?

などモヤモヤが出てきても当然です。

そこでこの記事では、

  • チューニングとは音の高さを合わせること
  • ウクレレにはクリップチューナーがおすすめ
  • ウクレレチューナーで弦を1本ずつ調整しよう

の内容を解説していきます。

SUMI
SUMI

ウクレレチューナーを既にお持ちの方も、お手持ちのチューナーでチューニングできるようになりますよ。

チューニングとは音の高さを合わせること

他の弦楽器と同じように、ウクレレも演奏する前にチューニングをします。

チューニングとは

ウクレレの4本の弦の音を、決められた音の高さに合わせること

チューニングをしないと、言われたとおりにコードを押さえてウクレレを鳴らしても、変な音が鳴ってしまいます。

きちんと演奏できるように、ウクレレの4本の弦の音をあらかじめ調整しておく必要があるのです。

ではどの音に調弦すればよいのかというと、ウクレレの場合は構えた時に上にくる4弦から、

ウクレレチューニング

4弦→G(ソ)
3弦→C(ド)
2弦→E(ミ)
1弦→A(ラ)

の音の高さに調整します。

ちなみにチューニングのことを、日本語では調弦といいます。

ウクレレにはクリップチューナーがおすすめ

さてチューニングをするのに、なにか道具が必要なのでしょうか?

昔から現在までを見てみると、

  • 音叉(おんさ)
  • ピッチパイプ
  • チューナー
  • チューニングアプリ

などがチューニングの道具としてあります。

音叉ピッチパイプは決められた音が出る物で、その出た音に合わせて弦を調節するので、調弦する人の耳の訓練が必要となります。

一方のチューナーチューニングアプリは、機械がウクレレから出る音の高さを判定してくれるので、聴音が得意でない方でもチューニングすることが出来ます。

現在はアプリでチューニングする方も多くいらっしゃいますが、ウクレレと一緒に保管しておけばいつでも使える、クリップチューナーが大変便利です。

ウクレレのヘッド(頭部分)に直接クリップで挟むことが出来て、そのまま付けっぱなしにしておけば失くすこともありません。

⋙Amazonで「クリップチューナー」をみる

ウクレレ専用チューナーは必要ない

「クリップチューナー」で検索しても、ウクレレ用やギター用など沢山の種類のクリップチューナーが出てきます。

「ウクレレやるんだからウクレレ用チューナー?」と迷うかもしれませんが、チューナーはウクレレ専用のものである必要はありません。

むしろモード切替がついていないクロマチックチューナーを使うことをおすすめしています。

クロマチックチューナーを使うことで、

  • チューナーに頼りすぎずチューニングの耳を鍛えられる。
  • ギターやベースなど他の弦楽器にも使用できる。

というメリットがあります。

クリップ式チューナーは、ボタン電池で動く小型のチューナーです。
メトロノーム機能がついているものや、様々な楽器に対応できるものなど、多くの種類があります。

ウクレレ専用のチューナーもあり、購入する際迷うところですが、どの弦楽器にも使えるクロマチックチューナーまたはクロマチックモードのあるチューナーを購入することをオススメします。

なぜなら、

ウクレレ専用チューナーはGCEAのどれかしか表示しない

ウクレレ専用のチューナーは、
4G」「3C」「2E」「1A
のように、弦番号と音名を表示してくれるので、一見親切なように見えますが、逆に言えば、発した音が、その4つの音のどれに近いかしか表示してくれません。

クロマチックチューナーなら半音ごとに表示してくれる

クロマチックチューナーは、発した音に1番近い音を認識して、半音ごとに表示してくれます。

ウクレレのチューニングがGCEAであることを知っておく必要はありますが、音が大きくずれている時は、どの程度ずれているのかを素早く把握することが出来ます。

切替式でもクロマチックモードで慣れておこう

購入したばかりのウクレレや、弦を変えたばかりのウクレレは、弦の音がGCEAから大きく外れています。
そんな時は、クロマチックチューナーが便利です。
出てる音がどの音に近いのか、半音ごとに教えてくれます

楽器ごとにモードを切替られるチューナーもありますが、そんなチューナーをお持ちの方でも、予めクロマチックモードで慣れておくと、どんなチューナーでも万能に使いこなすことが出来るようになるでしょう。

アンサンブルにはピッチ調整できるチューナーを

少し難しい話になってしまいますが、ピアノなど他の楽器とアンサンブルをする時には、ピッチ調整のできるチューナーがあると便利です。

楽器によって基準となるA(ラ)の音の周波数が異なる場合があるので、その場合はチューナーであらかじめ基準周波数を調整してからチューニングをします。

ウクレレチューナーで弦を1本ずつ調整しよう

お待たせしました、いよいよウクレレのチューニング手順について説明します。

  1. ウクレレのヘッドにチューナーを付ける。
  2. クリップチューナーのスイッチを入れる。
  3. 4弦を鳴らしながらペグを回してチューナーの「G」に合わせる。
  4. 3弦を鳴らしながらペグを回してチューナーの「C」に合わせる。
  5. 2弦を鳴らしながらペグを回してチューナーの「E」に合わせる。
  6. 1弦を鳴らしながらペグを回してチューナーの「A」に合わせる。
  7. チューナーの電源を切ってチューニング終了。

このような順番でチューニングをして行けば良いわけですが、慣れないうちは上手くいかないこともあるでしょう。

例えば、

異なる音名(アルファベット)が表示された場合

お目当ての音名が表示されるまでペグを締めるか緩める。

この時GがついたG#G♭も、Gとは半音異なる音となるので、音名表示には注意が必要です。

またチューナーに合わせたい音名が表示されていても、メモリが真ん中に来ない時は、音がピッタリとは合っていない時です。

そんな時は、ペグを回して音の高さを調整します。

ペグをどちらに回せばよいか分からない

ペグを回す方向と、そのとき弦が締め上げられるのか、緩んでいくのかを見ながら判断する。

ペグを回して弦を締め上げると音は高くなり、緩めると音は低くなります。

チューナーのメモリが低めを指していれば、ペグを回して弦を締め上げて、音を高くします。

逆にチューナーのメモリが高めを指していれば、ペグを回して弦を緩めて、音を低くします。

チュニーングが終わったら晴れて練習を始められますが、

練習が終わっても

ウクレレの弦は緩めなくてよい。

ウクレレの弦はギターとは異なり、張ったままの状態で保管して大丈夫です。

張り替えたばかりの弦だと、2週間くらいで弦が安定してきて、チューニングがしやすくなります。

ウクレレクリップチューナーでらくらくチューニング

今回は、ウクレレを弾き始めるときに必要なチューニングについて、お話ししました。

まとめると、

ウクレレチューニングとは

ウクレレの4本の弦の音を、GCEAの音の高さに合わせること

おすすめのウクレレチューナーは

クロマチックモードが使えるクリップチューナー

チューニングのやり方は

ウクレレを鳴らしながらチューナーを見てペグを少しずつ回して音高を調整

となります。

またチューニングのやり方が分からなくなったら、いつでも戻ってきてくださいね。

以上、『【ウクレレチューナー】おすすめのクリップチューナーとチューニング方法を解説』でした。

MAHALO 🌴 A Hui Hou

⋙Amazonで「クリップチューナー」をみる

SUMI  Ukulele  Laboでは、
ウクレレ用の楽譜を販売しています

曲目一覧をみてみる

あなたの弾きたい♪歌いたい曲があるかも

タイトルとURLをコピーしました