【ウクレレ•チューナー】クロマチック•モードで万能チューニング

便利ツール
スポンサーリンク

チューナーが欲しいんだけど、“ウクレレ専用“の方が良いのかな?

SUMI
SUMI

“ウクレレ専用“である必要はないと考えます。
“クロマチック•チューナー”の方が、逆にチューニングしやすいと思います。
他の弦楽器にも使えて万能なんですよ。

ALOHA 🌺 Ukulele Labo の SUMI です。

長年クリップ式チューナーを使っていますが、これまでに使ってきたクリップ式チューナーの中でも、クロマチック•チューナーと呼ばれる物が私のオススメです。

クロマチック•チューナーを使うことで、チューニングの音を覚えることが出来るようになりますし、ギターやベースなど他の弦楽器にも使用可能です。

慣れてしまうと、ウクレレモードが付いているチューナーでも、クロマチックモードでチューニングするようになるでしょう。

練習前にはチューニング

ウクレレに限らず弦楽器は、演奏する前にチューニングをします。

チューニング(調弦)とは…開放弦の音を、楽器によって決められた音に合わせる作業です。

ウクレレの場合は…構えて上から(4弦から)、
GCEA(ソドミラ)にチューニング(調弦)します。

買うならクリップ式チューナー

チューニングをする時は、次のいずれかの道具を使います。

  • 音叉
  • ピッチパイプ
  • チューナー
  • チューニングアプリ

今ではアプリでチューニングする方も多くいらっしゃいますが、もし購入するなら、ウクレレのヘッドに直接付けられるクリップ式のチューナーが便利です。

ウクレレ専用チューナーは必要ない

クリップ式チューナーは、ボタン電池で動く小型のチューナーです。
メトロノーム機能がついているものや、様々な楽器に対応できるものなど、多くの種類があります。

ウクレレ専用のチューナーもあり、購入する際迷うところですが、どの弦楽器にも使える“クロマチック•チューナー“または“クロマチック•モードのあるチューナー“を購入することをオススメします。

ウクレレ専用はGCEAのどれかしか表示しない

ウクレレ専用のチューナーは、
4G」「3C」「2E」「1A
のように、弦番号と音名を表示してくれるので、一見親切なように見えますが、逆に言えば、発した音が、その4つの音のどれに近いかしか表示してくれません。

クロマチックは半音ごとに表示する

クロマチック•チューナーは、発した音に1番近い音を認識して、半音ごとに表示してくれます。

ウクレレのチューニングがGCEAであることを知っておく必要はありますが、音が大きくずれている時は、どの程度ずれているのかを素早く把握することが出来ます。

切替式でもクロマチック•モードで慣れておこう

購入したばかりのウクレレや、弦を変えたばかりのウクレレは、弦の音がGCEAから大きく外れています。
そんな時は、クロマチック•チューナーが便利です。
出てる音がどの音に近いのか、半音ごとに教えてくれます

楽器ごとにモードを切替られるチューナーもありますが、そんなチューナーをお持ちの方でも、予め“クロマチック•モード“で慣れておくと、チューナーを万能に使いこなすことが出来るようになるでしょう。

以上、『【ウクレレ•チューナー】クロマチック•モードで万能チューニング』でした。

MAHALO 🌴 A Hui Hou

他の楽器とアンサンブルをする方は、ピッチ設定の出来るチューナーがあると便利です。

SUMI  Ukulele  Laboでは、
ウクレレ用の楽譜を販売しています

曲目一覧をみてみる

あなたの弾きたい♪歌いたい曲があるかも

この記事を書いた人
SUMI

Hawaiian Music & Craft をこよなく愛する Ukulele & Vocal です。
ウクレレやハワイにまつわるあれこれ、皆さんと楽しくシェアしていきたいと思います。
以下のフォローもお気軽に♪

SUMIをフォローする
便利ツール
スポンサーリンク
SUMI Ukulele Labo
タイトルとURLをコピーしました