マカナ Makana ハワイアンスラッキーギターの名手

ハワイな日常
スポンサーリンク

アロハトーキョー2019で、マカナのステージを観てきました。

それまでいくつかのコンピレーションアルバムでマカナの演奏を聞いた事があるものの、生で彼の演奏を聴くのは初めてだったので、それはそれは楽しみにして出かけました。

マカナの超絶スラッキーギターの演奏はもちろんのこと、歌声も素晴らしく、期待以上の幸せに包まれて夢見心地で帰ってきました。

スラッキーギターとは、ギターをSlack Key(ゆるめたキー)で調弦して弾くギター奏法で、いくつもの調弦の種類があるようです。

1曲ごとにチューニングを変えて、同じスラッキーギターでも様々なテイストの演奏を聞かせてくれました。

サニー・チリングワース(Sonny Chillingworth)を師としてきたマカナは、今は亡き師についても、「いつもステージの時は側にいてくれる気がする」と言っていました。

そして来日したのも10年ぶりだったそうで、とても日本に来れたことを喜んでいると語ってくれました。

更になによりもジーンとしてしまったのが、「日本の人々がハワイアンミュージックを愛してくれてとても感謝している。そうでもなければ、今日のハワイアンミュージックはここまで生き延びて発展することはなかっただろう。」と言ってくれたことです。

それはもう、会場は拍手大喝采でした。

こちらこそありがとう、マカナ!

マカナのホームページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました