ウクレレにはどんなサイズがあるの?

ウクレレよろず話
スポンサーリンク

皆さんは、ウクレレに対してどんなイメージをお持ちですか?

ウクレレって小さくてかわいくて・・・コロコロした音が鳴る感じで・・・とか。

でも、YouTubeとかでウクレレ弾いてる人の持ってるヤツって、なんか大きそうだな、ギターほどではないけど。

なんて、思ったことがあるかもしれないですね。そうなんです、ウクレレにはサイズがいくつかあるんです。

それではこれから、日本でもよくみかけるウクレレのサイズを見ていきましょう。

ソプラノ(スタンダード)サイズ

日本人がまず「ウクレレ」と聞いてイメージするサイズが、写真左側にあるソプラノサイズです。

よくスタンダーソサイズとも呼ばれ、一番小さいサイズになります。

日本よりも体(手)の大きい人の多いハワイでは、ソプラノサイズはお土産用サイズだとかで、あまりメジャーなサイズではないようですが。

日本では、これから始める方で、特に希望のない方には、「これぞウクレレ」というイメージに近い、ソプラノサイズを私はオススメします。

お子さまが始められるのにも、まずはソプラノサイズが良いでしょう。

ウクレレを始めるのに必要な小物がセットになった、ウクレレ初心者セットもあります。

次にご紹介するのは、1番上の写真中央のコンサートサイズです。

コンサートサイズ

フレット(指板に打ち込まれている金属の細い棒)の間隔がソプラノサイズよりも広くなるので、ソロ弾き(メロディーを弾くこと)で一音ずつ追いたい時や、ハイフレット(ボディに近い方のフレット)を多用する場合に、便利なサイズです。

テナーサイズ

コンサートサイズよりも更に大きいのが、1番上の写真右側のテナーサイズです。

ジェイク・シマブクロをはじめ、最近の若いウクレレプレイヤーは、このテナーサイズを使っている方が多いですね。

全体のサイズもソプラノサイズより随分大きくなり、音もギターに近い感じになってくると言われています。

その他のウクレレたち

更に更に、もっと大きいバリトンというサイズがありますが、私は楽器屋さんで実物を見たことがありません。チューニング(調弦)も上記3サイズとは異なります。

これらサイズが異なるウクレレたちの他にも、弦の数が異なるものや、ベース仕様、エレキ仕様、等の変わりウクレレたちもありますが、それはまた別の機会に紹介したいと思います。

この記事を書いた人
SUMI

Hawaiian Music & Craft をこよなく愛する Ukulele & Vocal です。
ウクレレやハワイにまつわるあれこれ、皆さんと楽しくシェアしていきたいと思います。
以下のフォローもお気軽に♪

SUMIをフォローする
ウクレレよろず話
スポンサーリンク
SUMI Ukulele Labo
タイトルとURLをコピーしました