【耐水ウクレレ】歌練ついでにお風呂で弾き語り

ハワイな日常
スポンサーリンク

スタジオやカラオケに行かなくても、おうちでウクレレ弾き語りの練習ができると良いんだけどな。

SUMI
SUMI

そうね、おうちの中で1人になれる場所は、浴室かトイレだと思うけど、お風呂で練習するのはどうかしら?
歌声も響くし、弾き語りを練習するには良いんじゃないかしら。

でも、風呂場にウクレレは持ち込めないよ、木で出来てる楽器だしね。

SUMI
SUMI

そうね、でもそういえば、プラスチックで出来ている耐水ウクレレがあるのよ。

ALOHA 🌺 Ukulele Labo の SUMI です。

“新しい生活様式”になっても、すっかり“ステイホーム”が身についている方にとっては、やりたいことをいかに工夫して家でやるかは、これからも課題になってくるでしょう。

以前から“ステイホーム”気味だった私は、この度ようやく、ずーっと前から気になっていた、アウトドア用の耐水ウクレレを購入しました!

今回は、サイレントウクレレとはまた異なる、耐水ウクレレの魅力をご紹介していきます。

歌はお風呂で練習すると良い

もちろん気兼ねなく声を出せるところがあれば、歌を練習する場所はどこでも構いませんが、「家の中で気兼ねなく」ということであると、お風呂が良いのかな、と思います。

入浴ついでに、体を洗いながら好きな歌を歌うので、まずは十分です。
浴室の中はよく声が響きますので、良い気分で歌うことができます。

ウクレレだけならサイレントウクレレで良い

次にウクレレだけを練習するのなら、そもそもウクレレはとても大きな音が出る楽器ではないので、早朝•深夜でなければどこでも練習できます。
また同居人の視線が気になるようであれば、サイレントウクレレを使うという手もあります。

でも、ウクレレ弾き語りをしたい場合は、この方法だとウクレレと歌を別々に練習することになってしまいます。

弾きながら同時に歌う練習をしたい

ウクレレと歌を別々に練習して、いざ弾き語りで合わせようとしても、なかなか上手く行かなかったりします。
それは、ウクレレのストラミングと、歌の発声のタイミングが違う時があるからです。

ですから、はじめは歌とウクレレを別々に練習してて良いのですが、最後は合わせる練習もしなければ、仕上げることができません。

大きな声も出せてウクレレも弾けるところとなると…

耐水ウクレレなら安心して練習できる

そこで登場するのが、プラスチックで出来た耐水ウクレレです。
海などの水辺や、直射日光が当たっても良いようにと、アウトドア用に作られたオールラウンドなウクレレですが、これならお風呂場に持って行っても安心して練習できます。

一部金属の部品もあるので、使用しない時はよく乾かしておく必要がありますが、これなら足浴しながらでも、風呂場洗いのついでにでも、気軽にウクレレ弾き語りの練習をすることができます。

譜面は…大きなフリーザーバッグにでも入れて持ち込めば良いでしょうか。
まずは譜面なしで、覚えてる歌を弾き歌うだけでも十分、楽しくおうち時間を過ごすことが出来ると思います。

手軽におうちで弾き語りを練習したいという方は、“お風呂で耐水ウクレレを試してみてはいかがでしょうか。
以上、『【耐水ウクレレ】歌練ついでにお風呂で弾き語り』でした。

MAHALO 🌴 A Hui Hou

SUMI  Ukulele  Laboでは、
ウクレレ用の楽譜を販売しています

曲目一覧をみてみる

あなたの弾きたい♪歌いたい曲があるかも

タイトルとURLをコピーしました