アルペジオソロとは

ウクレレ奏法

※この記事には一部PRが含まれます。

いろいろな弦楽器があって、それぞれにいろいろな奏法があって。

ウクレレを始めたいな、と思う時にはそんな事は気にしていないと思います。

しかし練習し始めてからしばらくすると、「あ、あんな弾き方キレイだな。」とか、「あれ、力強くてカッコイイな。」とか、弾き方にもバラエティがあることに気づきます。

私のオススメの楽チンなソロ(メロディを弾くこと)奏法は、「アルペジオソロ」です。

アルペジオとは、分散和音のことで、弦楽器で言うと、左手でコードフォームを押さえながら、右手で一音ずつコード上の音をつま弾きます。

ソロとは、ここでは楽器でメロディを弾くことなので、

アルペジオソロとなると、アルペジオを弾きながら、メロディを入れて弾く奏法となります。

実際の感覚としては、メロディ弾きながら、音が空いてる箇所にアルペジオを入れていくように弾きます。

ちょっと頭がいくつか欲しいー、ってなっちゃうでしょうか。

このアルペジオソロを弾くためには、

コード弾き→アルペジオ弾き→メロディ弾き

の順に練習していきます。

アルペジオソロへの道のりまでに出てくる奏法については、また別の機会にお話したいと思います。

この記事を書いた人
SUMI

Hawaiian Music & Craft をこよなく愛する ウクレレブロガー♪
フラとハワイとウクレレと~たくさん皆さんとシェア♪
ハワイアンウクレレ教室を世田谷区で開催中♪
ウクレレ楽譜をダウンロードで配信中♪

\ Follow me /
ウクレレ奏法
スポンサーリンク
レレラボ
タイトルとURLをコピーしました