ウクレレ弾くとき左利きの人はどうしてるの?【アンケート結果発表】

弾き方・歌い方
スポンサーリンク

わたし、普段は左利きなんだけど、ウクレレ弾くときは、どう構えて弾けばいいのかしら?

ALOHA 🌺 Ukulele Labo の SUMI です。

これからウクレレを始めたいけど、普段の生活では左利きなんです…。という方、意外と多いのではないでしょうか?

私も、たまぁ~に相談されることがあります。

ウクレレ弾きの先輩たちはどうしているのか、今日はちょっと聞いてみましょう。

レフティの考えられるウクレレの構え方は3種類

ウクレレの一般的な構え方は、左手でネックを持ち指板上の弦を押さえ右手で弦を弾き鳴らします

この構え方だと、普段の生活で左利きのレフティさんには、弾きにくいと感じる方もいるかもしれません。

それでは、どのような構え方が考えられるのでしょうか。

  1. 右利きの人と同じ構え方で弾く
  2. そのまま逆に持ち替えて弾く
  3. 弦を逆に張り替えて逆持ちで弾く

一般的な構え方を含めて、上記3種類のスタイルを挙げることが出来ます。

さて次は、ウクレレ弾きの先輩たちはどうしているのか、様子を見て行きましょう。

レフティウクレレ弾きの先輩たちはどうしてる?

“ウクレレといえばカマカ”と言われるほどの、ハワイの老舗ウクレレメーカーである、『カマカ・ハワイ』の社長であるクリス・カマカさんは、「2.そのまま逆に持ち替えて弾く」のスタイルでウクレレを弾いていました。

数年前に、ウクレレのプロモーションで来日された際、楽器店のウクレレを左右反対に構えて弾いて歌ってくださったのを拝見し、器用だなぁと感心したのを覚えています。

ウクレレをそのまま左右逆に構えると、構えた時の弦の張り方が上下逆になってしまうので、ただそのまま左右の手の役割を変えるだけでは済まなくなります。

コードフォームの指使いも、独自に考えなければなりません。

一方、この2021年春に大学生になった、ウクレレプレーヤーのKyosuke Takahashiさんは、「3.弦を逆に張り替えて逆持ちで弾く」のスタイルでウクレレを弾いています。

弦を逆に張り替えた上でウクレレを持ち替えると、構えた時の弦の上下は変わらないので、左右の手の役割を交換するだけの動きで、ウクレレを弾くことが出来ます。

右利きの先生と向かい合うと、鏡に映る自分の手のイメージで、先生の手の動きをとらえることが出来ます。

しかしウクレレの場合、ギターのように特殊な“左用ギター”を用意する必要はありませんが、張る弦が逆転するため、弦を支えるナットやサドルの調整が必要になるかもしれません。

なお「1.右利きの人と同じ構え方で弾く」のスタイルについては、どのミュージシャンが普段から左利きであるかは分からないので、見当がつきませんでしたが、一定の割合でいるのではないかと推測されます。

さてそこで、普段Twitterで仲良くさせて頂いているウクレレフレンズの皆さまにも、聞いてみました。

全部で17人の方にアンケートにお答えいただいた結果、
「2.そのまま逆に持ち替えて弾く」人は0人で、
「1.右利きの人と同じ構え方で弾く」が一番多くて11人
「3.弦を逆に張り替えて逆持ちで弾く」は6人でした。

いろいろな方のご意見を聞くうちに、一言で「左利き」といっても、その程度によって、個人差が大きいということが分かりました。

ウウレレなどの弦楽器の場合、利き手でない方も「指板上の弦を押さえる」という結構細かな作業が必要になってくるので、「1.右利きの人と同じ構え方で弾く」スタイルを取って、あえて利き手で押弦をするのもアリだと思います。

しかし、弦をジャランジャラン鳴らしたり、ポロンポロン爪弾くのは、利き手の方が細かく調整が効くそうです。

普段からどんなことでも絶対左手、という強いレフティさんには、「3.弦を逆に張り替えて逆持ちで弾く」スタイルの方がストレスなく演奏できるのかもしれません。

ちなみに、「2.そのまま逆に持ち替えて弾く」のは、相当アクロバティックな弾き方になることから、やってる人はほとんどいない、ということが分かりました。

メリット・デメリットを知ってスタイルを見つけよう

ここで、レフティさん用の構え方それぞれの、主なメリットとデメリットを表にまとめてみました。

レフティのメリットデメリットアンケート結果
1.ふつう持ち皆と同じ慣れるまでは弾きにくい64.7%
2.そのまま逆持ち他人のも弾けるトリッキーな指使い0%
3.弦も逆張り弾きやすい他人のは弾けない
楽器の調整が必要かも
35.3%

左利きの人がウクレレを弾く時の弾きやすさ・弾きにくさは、普段の生活における左利きの強さの度合いにも大きく関係しているようです。

それぞれの構え方のデメリットとメリットを理解していただいた上で、ご自身が無理なく楽しく、ウクレレと接することが出来るスタイルをみつけていただければ…それで良いと私は思うのであります。

これからウクレレを始めたいけど…左利きでどうしようかな?と悩んでる方や、今までこうしてきたけど…この先もこれでいいのかな?と迷っているレフティさんは、ぜひ参考になさってください。

以上、『ウクレレ弾くとき左利きの人はどうしてるの?【アンケート結果発表】』でした。

MAHALO 🌴 A Hui Hou

SUMI  Ukulele  Laboでは、
ウクレレ用の楽譜を販売しています

曲目一覧をみてみる

あなたの弾きたい♪歌いたい曲があるかも

ウクレレ関連のお役立ち情報も発信中♪
BLog一覧をみてみる

タイトルとURLをコピーしました