練習してます!IZ(イズ)の「Somewhere Over The Rainbow/What A Wonderful World」

ハワイな日常
スポンサーリンク

現在ウクレレカフェでは、IZ(イズ)こと、Izrael Kamakawiwo’ole(イズラエル カナカヴィヴォオレ)の「Somewhere Over The Rainbow/What A Wonderful World」を絶賛練習中です!

本当にイズのファンは多く、私もこの曲をやりたい!と言われて準備しました。

トラディショナルな短いハワイアンソングとは違い、フルコーラスだと長い曲ですので、ただコードを追ってジャカジャカ弾くだけでも、途中迷子になりそうです。

さらに、イズの演奏はウクレレのストラミングにも特徴があり、ちょっと聞いただけだと、「ん?」と首をかしげてしまいます。

しかし、そこはさすがの人気者、何人かのウクレレ弾きの方が、演奏法についてのYouTube動画をアップしてくれています。

また、ウクレレ・マガジン Vol.21 の中の特集記事でも、ストラミングについての譜面と解説が載っています。

イズはローGという、4弦を1オクターブ下げたチューニングでウクレレを演奏しています。

この1オクターブ下げたローGが、ベース音的な役割を果たしてくれています。

ウクレレカフェのレッスンでは、皆さんナチュラルチューニングのウクレレをお持ちなので、ローGの部分にはこだわらず、ストラミングだけ真似して練習しいます。

ちなみにストラミングとは、ジャカジャカ弾くことを言い、弾くリズムパターンがいくつかあります。

特にウクレレはリズム楽器なので、コードだけはでなく、リズム、つまりストラミングパターンも、演奏するうえで大変重要な要素になってくるんですね。

イズの 「Somewhere Over The Rainbow/What A Wonderful World」 は、「FACING FUTURE」というアルバムに収録されています。

是非聞いてみて、練習してみましょう!

私もしっかり弾きながら歌えるよう、練習し続けます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました