【ウクレレ】『m』は省略しないで〜マイナー・コードの決め手は3度〜

コードやキーの話
スポンサーリンク

フォームを覚えていないコードが出てきた時、いちいち立ち止まってコード表を見ないとダメかしら?
先頭の英大文字のコードフォームなら、覚えているのだけど。

SUMI
SUMI

コード記号のうしろに付いている数字は、省いて読んでも差し支えないことが多いのですが、『m』などの英小文字は、省略できないんですよ。

ALOHA 🌺 Ukulele Labo の SUMI です。

歌本などを見ながら一人で弾き歌う時、コードフォームを覚えていないコードが出てくる度に、コード・ダイアグラム一覧表で調べていたら、なかなか弾き進められないことがあります。

今回は、コードの中でもよく出てくる『m』のついたマイナー・コードについて、省略できない理由をご一緒に見ていきたいと思います。

この理由が分かると、とりあえず英大文字のコードだけで弾き進めてしまっても良いか、一度立ち止まってコードフォームを調べるべきかを、判断することが出来るようになります。

テンションコードの数字は、無いことにできる

□7□9など、先頭の英大文字の後についている数字については、省略してもおかしくはなりません。

例:C9CC11C
sus4(−5)は数字ですが、例外となります。

なぜならこれらは、C(ドミソ)という基本のコードに、数字の度数の音たちが付け加えられていることを示すテンション・コードだからです。
数字の音たちをないことにすると、物足りないかもしれませんが、全く違うコードになってしまう、ということにはなりません。

『m』などの英小文字は省略できない

ところが、コード先頭の英大文字の後に付く英小文字は、無いことにはできません。
m』の他にも、『dim』や『aug』などがありますが、これらのコードは、基本のコードの構成音(例えばCならドミソ)の一部が変わってきます。
そのため、❌CmCや❌CdimCとはできないのです。

それでは、よく出てくる『m』マイナー・コードを例にとって、具体的に見てみましょう。

マイナー・コードは3度の音が半音下がっている

『m』マイナー・コードは、コード先頭の英大文字の音を1度と数え始めてからの、3度の音が半音下がっています。

例:C
Cmミ♭

このことにより、Cが明るい響きの和音であるのに対し、Cmは悲しい響きの和音となります。

コードの構成音が変わってきますので、❌CmCと『m』をなかったことにはできないのです。

ちなみに、大元のコード(この例ではC)をポロロ〜ンと弾いて、3度の音を見つけて半音(1フレット)下げることで、そのマイナー・コードを導き出すことはできます。
□sus4において、の3度の音を半音上げてsus4コードを導き出すのと、同じ手順になります。

さて最後に、ここまでのことを大雑把にまとめると、こうなります。

コード記号の後ろについてる
数字は省略してもいいけど、
アルファベットは省略できない

これを知っていると、突然のセッションにお呼ばれしても、焦ることなく、ごまかすべき箇所が分かり対処できます。
また、押さえにくいコードがあれば、自分流にコードをアレンジすることも可能になり、ウクレレを楽しむ幅が更に広がることでしょう。

以上、『【ウクレレ・コード】『m』は省略しないで〜マイナーの決め手は3度〜』でした。

MAHALO 🌴 A Hui Hou

SUMI  Ukulele  Laboでは、
ウクレレ用の楽譜を販売しています

曲目一覧をみてみる

あなたの弾きたい♪歌いたい曲があるかも

この記事を書いた人
SUMI

Hawaiian Music & Craft をこよなく愛する Ukulele & Vocal です。
ウクレレやハワイにまつわるあれこれ、皆さんと楽しくシェアしていきたいと思います。
以下のフォローもお気軽に♪

SUMIをフォローする
コードやキーの話
スポンサーリンク
SUMI Ukulele Labo

コメント

タイトルとURLをコピーしました