ウクレレで弾きやすいキーは、ハ長調の主要三和音だった!

コードやキーの話
スポンサーリンク

ALOHA 🌺 Ukulele Labo の SUMI です。

歌本に載ってるコードではどうも押さえにくかったり、歌いにくかったりする場合、どうしてますか?

カラオケではキーチェンジのボタンを押して音を上げたり下げたりしますね。

ウクレレの弾き語りで歌いにくい時は、カポタストをネックに挟んで、音を上げていくことはできます。

でもコードが押さえにくい時は、押さえやすいキーに変えるのが良いでしょう。

そこで、シンプルにキーを選ぶ際の覚え方を、今回は紹介します。

キーとダイアトニック・コード

キー(調)とは音階のことで、その音階の上にできる和音のことをダイアトニック・コードという。

たとえば、基本となるキーC(ハ長調)のダイアトニック・コードは、次の7つである。

C ,Dm,Em,F,G,Am,Bm

3コード(主要三和音)とは

ダイアトニック・コードの中でも、次の3つのコードを3コード(主要三和音)という。

C,F,G7 (キーCの場合)

ちなみに、Gには7(セブンス)をつけてG7としてよく用いられる。

ウクレレで弾きやすいキーは?

ウクレレで弾きやすいキーはというと、頻繁に出て来る3コードが押さえやすいキーということになる。

さらに、近い音では歌いやすさに大きな違いが表れないため、遠い音が良い。

となると、ウクレレで弾きやすいキーは、

音階の基本で押さえやすいキーC(ハ長調)と、そこから遠いキーF(ヘ長調)キーG(ト長調)あたりとなる。

キーCの3コード C,F,G7

キーFの3コード F,B♭,C7

キーGの3コード G,C,D7

まとめ

ウクレレで弾きやすいキーは、C,F,G

それはズバリ、キーCの主要三和音である、C,F,G7 と同じアルファベットであった!

※キー(調)表記としてのCと、コード(和音)表記としてのCでは、中身の意味は異なりますことをご了承ください。

キーC(ハ長調)で歌いにくかったら、キーF(ヘ長調)かキーG(ト長調)かな〜、みたいな感じで覚えておくと、ウクレレ・ライフをラクに楽しめるかと思います。

MAHALO 🌴 A Hui Hou

SUMI  Ukulele  Laboでは、
ウクレレ用の楽譜を販売しています

曲目一覧をみてみる

あなたの弾きたい♪歌いたい曲があるかも

この記事を書いた人
SUMI

Hawaiian Music & Craft をこよなく愛する Ukulele & Vocal です。
ウクレレやハワイにまつわるあれこれ、皆さんと楽しくシェアしていきたいと思います。
以下のフォローもお気軽に♪

SUMIをフォローする
コードやキーの話
スポンサーリンク
SUMI Ukulele Labo

コメント

タイトルとURLをコピーしました