キー

スポンサーリンク
コードやキーの話

【ウクレレ簡単コード】Cキーの曲から練習しよう

キーがCの曲から練習すると、初心者の方でも沢山の曲が弾けるようになり、後々コードの流れもつかみやすくなります。
コードやキーの話

度数とは何のこと?実際に数えてみよう【簡単編】

ウクレレを習い始めると、いろいろなコードが出て来ます。 「セブンス・コードは、 7度上の音を加えたコードだよ。」とか。 ハワイアンソングを皆で弾きながら歌い始めると、たまにハモる人も出て来ます。 「3度でハモるとイイよ。...
コードやキーの話

【ハワイアンソングあるあるコード】5度サークルを使った4度進行

バンプをはじめ、ハワイアンソングの歌の中でもよく出てくる、4度進行というコードの進行について、5度サークル(五度圏)という円を使って分かりやすく見ていきます。
コードやキーの話

コードの移調の方法

楽譜どおりに弾くと、押さえにくかったり、歌いにくかったりする時に、キー(調)を移動させることを移調と言います。 今回は、私が普段、移調する時の方法をご紹介したいと思います。 指を折って数える 普段、頭の中に入っている音階...
便利ツール

カポタストって何?〜ウクレレ用カポの役割とその用途〜

「2カポで原曲キーで弾き歌えます。」とか、「1カポでFね。」って何? という方のために、今回はウクレレ用カポタストについてお話ししたいと思います。 カポタストとは? カポタストとは、ウクレレやギターなどの弦楽器を簡単に移...
コードやキーの話

ウクレレで弾きやすいキーは、ハ長調の主要三和音だった!

歌本に載ってるコードではどうも押さえにくかったり、歌いにくかったりする場合、どうしてますか? カラオケではキーチェンジのボタンを押して音を上げたり下げたりしますね。 ウクレレの弾き語りで歌いにくい時は、カポタストをネッ...
コードやキーの話

キーが変わっても変わらない、数字コードという便利なコード表記法

今日は数字コードという、一般の譜面ではなかなか出て来ない、コードの表記法についてのお話です。 例えば、ハワイアンバンプのコード進行を説明するとき、「キーがCのときはD7→G7→C」で、「キーがFのときはG7→C7→F」です、という具...
本・雑誌

「音楽理論がおもしろくなる方法と音勘を増やすコツ」を読んでみた!

いちむらまさきさんの著作「音楽理論がおもしろくなる方法と音勘を増やすコツ」を読んでみました。 本当は読むだけではなく、本書と一緒に聞いたり弾いたりしないといけないのですが、とりあえず読んでみました。 この手の音楽理論に関する本...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました