BOSSのVE-8とFS-6を増税前に買ってみた!

便利ツール
スポンサーリンク

今日は、増税前に駆け込みで購入した機材を、ようやく開封してみました。

ボスのアコースティックシンガーVE-8がずっと欲しかったのですが、使う機会ないかなー、とか、使いこなせるかなー、とか、あれこれ迷っているうちに増税がやってきました。

この増税前のタイミングで「えいっ!」と買ってみたのが、これらの機材です。これらを買わなかったら、またウクレレを買っていたかもしれません。

まずは、主役の アコースティックシンガーVE-8 です。

箱の中身は、本体・電源アダプター・取扱説明書類でした。

アコースティックギターとマイクの入力があり、それぞれにエフェクトをかけたり、ループ録音・再生をさせたりできるものです。

ちょっと見ただけじゃ、何が何だか私にはわかりませんでした。

私の場合は、アコースティックギターではなくてウクレレで使う予定ですが、ウクレレとヴォーカルと、それぞれのループ機能が1台に収まっているところに非常に魅力を感じました。

あと一緒に購入した物は、フットスイッチとその接続ケーブルです。

VE-8単体でも使用可能ですが、いろいろと機能が多く、2回踏まないといけないコマンドもあります。

このデュアルフットスイッチFS-6を、外部フットスイッチとしてVE-8に接続することにより、2回踏まなくてはいけないコマンドを、1回踏むことで操作できます。

買うか迷いましたが、ついでなので購入しました。

これらアコースティックシンガーとデュアルフットスイッチに、ウクレレ、マイク、スピーカーをつなげると、配線が賑やかになります。

ちょっとルーパー機能だけ試してみましたが、スイッチも踏みやすくて、なかなか快適です!

今度は機能についてもお伝えできれば、と思います。

BOSSのVE-8をサウンドハウスで見てみる
この記事を書いた人
SUMI

Hawaiian Music & Craft をこよなく愛する Ukulele & Vocal です。
ウクレレやハワイにまつわるあれこれ、皆さんと楽しくシェアしていきたいと思います。
以下のフォローもお気軽に♪

SUMIをフォローする
便利ツール
スポンサーリンク
SUMI Ukulele Labo
タイトルとURLをコピーしました